ifの練習問題

記事上広告

ifの練習問題

今回の練習問題はif(3-3まで)の内容となっています。

【Java】if 練習問題

以下のプログラム内にはコメントで指示がありますので、コメントの下にプログラミングを行ってください(実行結果も参考にプログラミングしてください)。表示や演算には作成した変数を利用して下さい。workフォルダ内に「Exam08.java」で保存してください。
保存後、コンパイルおよび実行を行ってください。

実行結果

c:\work>javac Exam08.java

c:\work>java Exam08
田中さんの国語の点数は85点です。
田中さんの数学の点数は66点です。
田中さんの平均点は75.5点です。
合格です。

【Java】if 練習問題の追加指示

Exam08.java」を以下の指示のように編集して下さい。
保存後、コンパイルおよび実行を行ってください。

指示1:平均点によって表示を変更するif文を以下のように変更して下さい。

条件 表示内容
平均点が80点以上 高得点!おめでとう。
平均点が80-65点の範囲
(80は含まないが、65は含む)
もう少しで高得点。
平均点が65-35点の範囲
(65は含まないが、35は含む)
もう少し頑張りましょう。
平均点が35点未満 追試です。

指示2:国語と数学の平均点を任意で変更し、全ての結果が表示されるように確認して下さい。

実行結果

c:\work>javac Exam08.java

c:\work>java Exam08
田中さんの国語の点数は80点です。
田中さんの数学の点数は80点です。
田中さんの平均点は80.0点です。
高得点!おめでとう。

c:\work>javac Exam08.java

C:\work>java Exam08
田中さんの国語の点数は60点です。
田中さんの数学の点数は69点です。
田中さんの平均点は64.5点です。
もう少し頑張りましょう。

【Java】if 練習問題2

2018-02-14 問題追加

以下のプログラム内にはコメントで指示がありますので、コメントの下にプログラミングを行ってください(実行結果も参考にプログラミングしてください)。表示や演算には作成した変数を利用して下さい。workフォルダ内に「Exam0801.java」で保存してください。
保存後、コンパイルおよび実行を行ってください。

実行結果

c:\work>javac Exam0801.java

c:\work>java Exam0801
投入金額は160円です
ドリンクが購入できました【お釣りなし】

c:\work>javac Exam0801.java

c:\work>java Exam0801
投入金額は330円です
ドリンクが購入できました【お釣りあり】

c:\work>javac Exam0801.java

c:\work>java Exam0801
投入金額は90円です
金額が足りません

※2回目のコンパイル及び実行は、entry_amountを330に変更しています
※3回目のコンパイル及び実行は、entry_amountを90に変更しています

【Java】if 練習問題2の追加指示

2018-02-14 問題追加

Exam0801.java」を以下の指示のように編集して下さい。
保存後、コンパイルおよび実行を行ってください。

指示1:お釣りがあるときは、お釣りの金額も表示させてください。(以下参照)

実行結果

c:\work>javac Exam0801.java

c:\work>java Exam0801
投入金額は330円です
ドリンクが購入できました【お釣りあり】
お釣りは170円です

指示2:お釣りがあるときは、金額表示とともに硬貨の種類と枚数も表示してください。(以下参照)

実行結果

c:\work>javac Exam0801.java

c:\work>java Exam0801
投入金額は330円です
ドリンクが購入できました【お釣りあり】
お釣りは170円です
500円硬貨:0枚
100円硬貨:1枚
50円硬貨:1枚
10円硬貨:2枚

c:\work>javac Exam0801.java

c:\work>java Exam0801
投入金額は710円です
ドリンクが購入できました【お釣りあり】
お釣りは550円です
500円硬貨:1枚
100円硬貨:0枚
50円硬貨:1枚
10円硬貨:0枚

追加指示のヒント

お釣りは変数を作成し、投入金額から飲み物の代金を引きます。

硬貨の枚数は、その変数を利用して以下の計算を行います。

【手順1】
投入金額を500で割ると、500円硬貨の枚数が分かります。その枚数を表示します。
例1(投入金額が650円の場合)
650を500で割ると通常1.3ですが、intの計算では少数が切り捨てられるため、1となります。
例2(投入金額が350円の場合)
350を500で割ると通常0.7ですが、intの計算では少数が切り捨てられるため、0となります。

【手順2】
表示後、変数の数値を500で割った”余り”を求めます。その余りを変数に再度代入します。余りの数値は手順3以降に利用するためのもの、表示には利用しません。
例1(投入金額が650円の場合)
650を500で割った余りは150となり、500円硬貨が省かれた数値となります。計算後は150が変数に代入されている。
例2(投入金額が350円の場合)
350を500の余りは350となります(500円以下なので)。計算後は350が変数に代入されている。

【手順3以降】
手順2での変数の数値をもとに、手順1と2を100円硬貨、50円硬貨、10円硬貨の順で行います。

さらに追加指示のヒント
//以下お釣りの表示と500円硬貨の枚数表示
int change = entry_amount – 160;
System.out.println(“お釣りは” + change + “円です”);
System.out.println(“500円硬貨:” + (change / 500) + “枚”);
change = change % 500;
//以下100円、50円、10円も繰り返し行う。

【Java】ifと文字列比較 練習問題

以下のプログラム内にはコメントで指示がありますので、コメントの下にプログラミングを行ってください(実行結果も参考にプログラミングしてください)。workフォルダ内に「Exam09.java」で保存してください。
保存後、コンパイルおよび実行を行ってください。

実行結果

c:\work>javac Exam09.java

c:\work>java Exam09
ユーザー名かパスワードが間違っています

参加 ブログランキング

記事頑張って書いたかもねー?と思う方は下を押してもらえるといいかなーなんて
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村


Javaランキング

目次へのアクセス
スポンサーリンク
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル